1. ホーム
  2. 産後抜け毛の対策
  3. ≫産後抜け毛の時に「育毛サプリ」を飲んでもいいの?母乳への影響は?

産後抜け毛の時に「育毛サプリ」を飲んでもいいの?母乳への影響は?

産後に育毛サプリを使うリスク
産後抜け毛に育毛サプリを試してみたいけど「授乳中だから、母乳に影響がないか心配。」と思うことはありませんか?

しかし、育毛サプリのことを調べても、産後ママ向けの情報がなかったりして参考にならなかったりします。

というわけで、この記事では育毛サプリに入っている、妊娠中・授乳中の女性が摂るのは不安な成分や、摂りすぎてはいけない成分を調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

育毛サプリに含まれる成分とリスクについて

ここでは育毛サプリによく入っている成分である「ノコギリヤシ」「イソフラボン」「葉酸」「亜鉛」について、各々の役割とリスクについて解説します。

<ノコギリヤシ>
ノコギリヤシは、主に男性の育毛サプリに入っている成分です。男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変える酵素の働きを抑えるとされています。ジヒドロテストステロンは、正常な髪の成長を抑える働きがあります。ノコギリヤシの成分は、医薬品の育毛剤に含まれているプロペシアと似た働きをする成分で、ホルモンに直接影響を与えるので、妊娠中は触ることすら避けたほうがいいと言われている成分です。女性の抜け毛に効果があるかどうかもはっきりしていません。

<イソフラボン>
イソフラボンは、髪を抜けにくくする女性ホルモンのエストロゲンと似た成分です。育毛だけでなく女性特有の病気を防ぐ効果があるとされている一方、過剰に摂取すると、乳がんになりやすくなる可能性も指摘されています。食事で摂取する分には、過剰に摂取することはないですが、サプリメントから摂るなら、分量に気を付けたほうがよさそうです。

<葉酸>
葉酸は、妊娠中から産後の授乳期に不足しやすい栄養素なので、積極的にとった方がいいです。育毛サプリなどに入っている葉酸は、吸収されやすいモノグルタミン酸型葉酸で、食品に含まれる吸収されにくい葉酸とは、摂っていい分量が違います。飲む際は、サプリメントの説明をよく読んで、飲みすぎないようにしたいですね。また葉酸には、天然の原材料からできたものと、石油から合成されたものがあります。このうち石油からできたものを妊娠後期に摂りすぎると、生まれてくる赤ちゃんがぜんそくなどの呼吸器疾患になりやすくなる、という報告もあります。食品から摂りすぎる心配はありません。

亜鉛
亜鉛は、妊娠中・授乳期に不足しやすいミネラルです。ただし摂りすぎると急性亜鉛中毒などの副作用があるので、サプリメントから摂る際は分量に気を付けた方がいい様です。
産後抜け毛には「亜鉛」が多く含まれる食べ物が効果的!

育毛サプリ以外で育毛するなら?

育毛サプリは体の内側から働きかけてくれるので、効果がありそうな気がする反面、産後に飲むのは、少し注意が必要です。

もっと自然な方法で産後抜け毛対策をしたいという女性には、食生活の改善から始めるのがおすすめです。特に食べ物から簡単に摂取できるイソフラボンや亜鉛を含む食品は簡単に調べられると思います。

さらに、体の外から安全に育毛したい方には育毛剤がいいと思います。育毛剤の中でも安心なのは、授乳中に使えて、無添加のものです。

産後にも使える無添加育毛剤は、薬局ではあまり目にすることはありませんが、ネット通販ではいろんな種類の物が売られていますので、自分に合った物を探してみてはいかがでしょうか。

授乳中でも使える無添加育毛剤ランキング!

みんなにシェアして頂けると喜びます!

コメントする

この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。