1. ホーム
  2. 産後抜け毛の対策
  3. ≫高齢出産は産後抜け毛がヒドくなる!?事前にできる頭皮ケアとは?

高齢出産は産後抜け毛がヒドくなる!?事前にできる頭皮ケアとは?

高齢出産の抜け毛対策
高齢出産は、若い時に出産するよりも、いい点があります。まず経済的な安定、そしてママの精神的なゆとりです。また、母乳は血液から作られるので、血液が授乳によってどんどん入れ替わります。高齢出産が、究極のデトックスと言われるゆえんです。

しかし、妊娠中・産後は、血液以外にも大きく体が変化します。

例えば、出産経験のある友達から、産後抜け毛のことを聞いたことはありませんか?産後抜け毛は、産後2~3か月頃に始まる大量抜け毛です。半年から1年ほどでもとに戻る場合がほとんどですが、出産経験のある女性が産後抜け毛に悩まされる率は高く、なんと7割の人が経験します。

特に、高齢出産した女性ほど産後抜け毛がひどくなる傾向があります。一時的とはいえ、髪が抜けるのは怖いですよね?産後抜け毛の原因をまとめてみました。

【産後抜け毛になる原因】

  • 妊娠・出産による女性ホルモンの急な変化
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 栄養不足
  • 運動不足
  • 頭皮の乾燥

上記で紹介した原因は一般的なもので、高齢出産の場合は更に原因が増えます。

【高齢出産特有の原因】

  • 年齢的な頭皮のエイジング
  • 白髪染めによる頭皮の炎症
このように、産後抜け毛という点においては高齢出産の方が悪化しやすい状況になります。

産後抜け毛を予防するには?

高齢出産は、産後抜け毛が悪化しやすい条件がそろっているという話をしましたが、産後抜け毛が始まる前や、ひどくなる前から予防をすることは可能です。

産後抜け毛の主な原因は、女性ホルモンの変化ですが、1年程経つと普通の状態に戻ることがほとんどなので、女性ホルモン以外の原因を取り除く対策をまとめてみました。

身体の内側からできる抜け毛ケア

  • 睡眠不足・・・短時間でも昼寝をする。
  • ストレス・・・マッサージで和らげる。
  • 栄養不足・・・体にいいといわれる、調理しなくてもいい食材、例えば納豆やアーモンドなどを常備。
  • 運動不足・・・その場でもできて、続けやすい運動を始める。例えば、簡単に始められるラジオ体操など。

身体の外側からできる抜け毛ケア

睡眠不足・ストレス・栄養不足・運動不足など、内側からできる産後抜け毛対策をしたら、次は外側から、直接頭皮をケアしましょう。

  • 頭皮マッサージ
  • 妊娠中・産後の授乳期でも使える育毛ケア商品を使う。
マッサージは直接頭皮の血行を促し、硬くなった頭皮をほぐすことができるのでぜひ試してみて下さい。

また、育毛ケア商品は、マッサージする時についでに使える、育毛剤が手軽です。最近では、妊娠中や産後の授乳期に最適な、医薬部外品で無添加の女性用育毛剤も見かけるようになりました。

妊娠中に使える無添加育毛剤なら、産後抜け毛が始まる前から予防的に使うこともできます。妊娠中から産後まで育毛剤マッサージを継続すれば、頭皮の状態が安定して、最小限の産後抜け毛で済むはずです。

産後半年くらいから生え始める、新しく生えてきた短い髪の毛もしっかり育ちます。おまけに、頭皮の状態が良くなると、顔のたるみ予防にも期待ができます。

産後抜け毛をきっかけに、以前よりもしっかりした髪の毛を手に入れ、若く見えるママになるのを目標に、早めの予防を心掛けましょう。

授乳中でも使える産後育毛剤ランキング!

みんなにシェアして頂けると喜びます!

コメントする

この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。